スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第153回直木賞の予想をしてみる。

第153回直木賞のノミネート作品が発表されたようなので。

例によって1冊も読んでいませんが、受賞作を予想してみたいと思います。


【ノミネート作はこちら↓】


・『東京帝大叡古教授』(門井慶喜)

・『若冲」(澤田瞳子)

・『永い言い訳」(西川美和)

・『アンタッチャブル』(馳 星周)

・『流』(東山彰良)

・『ナイルパーチの女子会』(柚木麻子)



まずはいつものように、ノミネート回数の確認から。

門井慶喜さん、澤田瞳子さん、東山彰良さんが初ノミネート。

西川美和さんが2回目。

柚木麻子さんが3回目。

そして、馳 星周さんが6回目(!)となります。


これはもう、、、


馳 星周さんの受賞フラグじゃないですか!?


ノミネート5〜6回目というのは直木賞にとっての分水嶺。

前回の予想でも触れましたが、

伊坂幸太郎さんが"もう直木賞に巻き込まないでほしい"宣言(?)をしたのが5回目の候補の後。

東野圭吾さんがようやく受賞を果たしたしたのが6回目の候補の時でしたからね。


たしかにもう充分にネームバリューのある作家さんなので、

今回のノミネートを見て「あれ、まだ穫ってなかったっけ!?」と思ったのは私だけではない、はず。。。



そんなわけで。


【予想はこんなかんじで↓】

本命:『アンタッチャブル』(馳 星周)

対抗:『ナイルパーチの女子会』(柚木麻子)

大穴:『若冲」(澤田瞳子)



単純にノミネート回数で選びましたが(^^;)


馳 星周さんが初めて候補に挙がったのが1996年下半期(『不夜城』)なので、

19年越し!!?


長いです。

対象作品の良し悪しというよりは、作家自身の"実績"への授賞(?)という感の強い直木賞。

これはもう大いなる希望も込めて馳 星周さんで(><;)



対抗には3回目ノミネートの柚木麻子さん。

何となく、この作家さんを推したいんだなぁ・・・という業界の雰囲気を感じるのですが。。。

気のせい??

しかも今回の候補作品、文藝春秋から出てる!!

文藝春秋といえば、直木賞の主催社・・・これは有力ですね。。。


大穴には澤田瞳子さん。

澤田さんは1977年生まれ、37歳の若手女流歴史作家さんです。

歴史小説好きとしては、もう大いなる期待を込めて応援するしかないっ(><)/



・・・とはいえ。

今回の直木賞は超絶話題の芥川賞の影に隠れて、ほとんど話題になっていないような(;;)


やっぱり馳 星周さんあたりに授賞してもらって、芥川賞に対抗しないと・・・

直木賞が埋もれてしまう・・・!!



発表は2015年の7月16日ということなので、また答え合わせしたいと思います。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 直木賞 予想 馳星周 柚木麻子 澤田瞳子

コメント

Secre

プロフィール

コリ

Author:コリ
学生時代の専攻は歴史。
根っからのアナログ人間なのに、なぜかSIerに就職し、システム関係のお仕事をしています。
一時期、花屋に転職してIT業界を脱出しようとしたものの、結局出戻ってきてしまいました。
システム・WEB関連の気付いたことを何でもアリで書いています。最近は趣味(?)のリラックマについての記事が増えてきました…疲れてるんでしょうか??

※リンクフリーです。少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ書籍

プロになるためのWeb技術入門
Web全般の理解におすすめ。
すごい分かりやすいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
instagram
twitter
おすすめ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。