FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年 第38回日本アカデミー賞の予想をしてみる。【作品賞】

2015年、第38回日本アカデミー賞のアニメーション部門の予想をしたので。


本丸の【作品賞】も予想したいと思います。


【ノミネートはこちら】

・『永遠の0』

・『紙の月』

・『小さいおうち』

・『蜩ノ記』

・『ふしぎな岬の物語』


次に、すでに発表されている他の映画賞の結果を確認しておきます。

【報知映画賞】
作品賞:『0.5ミリ』

【日刊スポーツ映画大賞】
作品賞:『永遠の0』

【ヨコハマ映画祭】
第1位:『そこのみにて光輝く』
第2位:『紙の月』
第3位:『0.5ミリ』

【毎日映画コンクール】
日本映画大賞:『私の男』
日本映画優秀賞:『そこのみにて光輝く』

【キネマ旬報ベスト・テン】
第1位:『そこのみにて光輝く』
第2位:『0.5ミリ』
第3位:『紙の月』

【ブルーリボン賞】
作品賞:『超高速! 参勤交代』



う〜ん・・・他の映画賞的には『0.5ミリ』と『そこのみにて光輝く』が優勢みたいですね。

しかし、日本アカデミー賞にはノミネートされていない(--;)


候補に挙がっている作品から選ぶとすると、

『永遠の0』と『紙の月』が有力かと思われますが。



ここで昨年の答え合わせ記事を見てみると、、、

昨年の受賞作『舟を編む』の配給元が松竹だったので、

今回は松竹以外の可能性が高そうです(><;)


念のため、今回のノミネート作品の配給会社を確認してみます。

東宝:『永遠の0』『蜩ノ記』

松竹:『紙の月』『小さいおうち』

東映:『ふしぎな岬の物語』


このデータも踏まえて。


【予想はこちら】


本命:『永遠の0』

対抗:『紙の月』

大穴:『ふしぎな岬の物語』




『永遠の0』は2014年邦画興行収入第1位らしいので、、、

単純に、興行的に映画界に貢献した作品が評価されてもいいと思います(><)

最近ちょっと原作者がゴタゴタしてる(?)のが気になるところですが。。。


発表は2月27日ということなので、また答え合わせしたいと思います。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

tag : 日本アカデミー賞 予想 永遠の0

プロフィール

コリ

Author:コリ
学生時代の専攻は歴史。
根っからのアナログ人間なのに、なぜかSIerに就職し、システム関係のお仕事をしています。
一時期、花屋に転職してIT業界を脱出しようとしたものの、結局出戻ってきてしまいました。
システム・WEB関連の気付いたことを何でもアリで書いています。最近は趣味(?)のリラックマについての記事が増えてきました…疲れてるんでしょうか??

※リンクフリーです。少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ書籍

プロになるためのWeb技術入門
Web全般の理解におすすめ。
すごい分かりやすいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
instagram
twitter
おすすめ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。