スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第151回芥川賞の予想をしてみる。

直木賞につづいて、第151回芥川賞も予想してみます。


【ノミネート作品はこちら↓】

・『どろにやいと』(戌井昭人)

・『マダム・キュリーと朝食を』(小林エリカ)

・『春の庭』(柴崎友香)

・『メタモルフォシス』(羽田圭介)

・『吾輩ハ猫ニナル』(横山悠太)


何はともあれ、ノミネート回数の確認から。


戌井昭人さんは5回目。

柴崎友香さんは4回目。

羽田圭介さんは3回目。

小林エリカさんと横山悠太さんは初になります。


さすがに、今回はもういい加減・・・戌井昭人さんちゃう!?

5回目やで!!

やっぱりノミネート5〜6回目っていうのが、獲るか獲らないかの分水嶺だと思うんですよね。

今回なければ、もうないのでは・・・(><;)

ただ戌井さんは劇団主宰で作家業一本というわけではないので、

その点で不利になっているのかもしれません。。。


そうすると、本命は柴崎友香さんか!?

柴崎さんも、もういつ受賞してもおかしくないですからね。


そんなわけで。


【予想はこちら↓】

本命:『春の庭』(柴崎友香)
対抗:『どろにやいと』(戌井昭人)
大穴:『マダム・キュリーと朝食を』(小林エリカ)



芥川賞候補の常連、柴崎友香さんと戌井昭人さんの一騎打ちと見ました。


しかし、前回の受賞が初ノミネートの小山田浩子さんだったことも踏まえて、

今回も大穴には初候補の小林エリカさんを挙げたいと思います。


羽田圭介さん(28歳)は、6年前にノミネートされた時だったら

年齢的に話題性があったかなぁ・・・と思いますが。

今はタイミングを逃して、それこそ柴崎さんや戌井さんコースになってしまったのかな、と。

いずれ受賞されるかもしれないけど、、、

そのためにはもう何回か候補に挙がる必要がありそうな気配を感じます(--;)


横山悠太さんは現在、中国に留学されていて、今回の『吾輩ハ猫ニナル』がデビュー作。

この状況って、前回の岩城けいさんと同じパターンではないですか!?

たしか岩城けいさんはオーストラリア在住、その海外経験を活かした内容でデビュー&芥川賞初候補だったはず。

おそらく横山さんは、今回の"グローバル枠"なんだと思われます。



・・・とまぁ、勝手なことをつらつら並べてしまいましたが。


発表は7月17日ということなので、また答え合わせしたいと思います(^^)






スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 芥川賞 予想

プロフィール

コリ

Author:コリ
学生時代の専攻は歴史。
根っからのアナログ人間なのに、なぜかSIerに就職し、システム関係のお仕事をしています。
一時期、花屋に転職してIT業界を脱出しようとしたものの、結局出戻ってきてしまいました。
システム・WEB関連の気付いたことを何でもアリで書いています。最近は趣味(?)のリラックマについての記事が増えてきました…疲れてるんでしょうか??

※リンクフリーです。少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ書籍

プロになるためのWeb技術入門
Web全般の理解におすすめ。
すごい分かりやすいです。


2014-15年版 ネットショップ検定公式テキスト ネットショップ実務士レベル1対応
ネットショップ運営の一連の流れがまとめられています。


2015 情報セキュリティスペシャリスト「専門知識+午後問題」の重点対策
記述問題の解答テクニックに特化した参考書。


応用情報技術者試験 午前 平成26年度版
午前対策はひたすら過去問を
解くことだと思います。


リラックマ ここにいます
リラックマ絵本の新刊。
今回は手書き風。


リラックマ 4クママンガ 6
新作出た!!


検索フォーム
RSSリンクの表示
instagram
twitter
おすすめ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。