スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年本屋大賞を予想してみる。

2014年本屋大賞の予想をしてみたいと思います。


まず、ノミネート作の確認。


【ノミネートはこちら】

『教場』(長岡弘樹) 小学館
『去年の冬、きみと別れ』(中村文則) 幻冬舎
『さようなら、オレンジ』(岩城けい) 筑摩書房
『島はぼくらと』(辻村深月) 講談社
『聖なる怠け者の冒険』(森見登美彦) 朝日新聞出版
『想像ラジオ』(いとうせいこう) 河出書房新社
『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学) 文藝春秋
『村上海賊の娘』(和田竜) 新潮社
『昨夜のカレー、明日のパン』(木皿泉) 河出書房新社
『ランチのアッコちゃん』(柚木麻子) 双葉社


昨年は大外しだったので・・・、
今回は

1. ノミネート回数
2. 既刊数
3. メディア・ミックス

以上の3つの観点から考えてみたいと思います(><;)


1. ノミネート回数


まずは基本のノミネート回数。

過去のノミネート実績で頭ひとつ抜けているのは、

万城目学さんと森見登美彦さんです。


万城目さんは、

『鴨川ホルモー』で2007年度6位
『鹿男あをによし』で2008年度8位
『偉大なる、しゅららぼん』で2012年度9位


森見さんは、

『夜は短し歩けよ乙女』で2007年度2位
『有頂天家族』で2008年度3位
『ペンギン・ハイウェイ』で2011年度3位

もはや常連ですね。

特に森見さんは常に上位なので、本屋大賞に強いのかもしれません。


他の作家さんでは、和田竜さんが『のぼうの城』で2009年度2位になっています。


そんなわけで、万城目学さんと森見登美彦さんに☆3つ。

和田竜さんに☆1つ。

あとの方は全員が今回初ノミネート(!)という新鮮な顔ぶれになっています。



2. 既刊数


次に既刊数。

やはり本屋大賞を受賞すると、その作家さんの過去の作品も売れるますからね。

本屋さんを盛り上げることを考えるなら、
おそらく既刊数が多い方が有利なはず・・・。

下記の基準で☆を付けます。
(2014年3月現在。共著、アンソロジーは除いておおよその数で計算)

・既刊1〜5冊  :☆1つ
・既刊6冊〜10冊:☆☆2つ
・既刊11冊以上 :☆☆☆3つ


結果は以下のようになりました↓

・長岡弘樹    ☆
・中村文則    ☆☆☆
・岩城けい    ☆
・辻村深月    ☆☆☆
・森見登美彦   ☆☆☆
・いとうせいこう ☆☆☆
・万城目学    ☆☆☆
・和田竜     ☆
・木皿泉     ☆☆☆
・柚木麻子    ☆☆

長岡弘樹さんと柚木麻子さんは、これから増える見込み。
岩城けいさんは、現状今回ノミネート作のみ。
和田さんは寡作。
いとうせいこうさんと木皿泉さんは小説以外の著作も多い。



3. メディア・ミックス


最後に、メディア・ミックス。

本屋大賞は映像化される作品が多いので、
他メディアでの展開もできるか否かは、きっと重要事項に違いない・・・!!

そんなわけで、過去の映像化率によって、☆を付与します。

最も映像化作品が多いのは、万城目学さん。

『鴨川ホルモー』(出演:山田孝之・栗山千明)
『プリンセス トヨトミ』(出演:堤真一・綾瀬はるか・岡田将生)
『鹿男あをによし』(出演:玉木宏・綾瀬はるか)

・・・などなど、「それ実写化する!?」みたいな設定の作品まで
もれなく映像化されています。(しかも人気俳優ばっかり!!)

そんなわけで、万城目学さんは文句なしに☆3つ。


次に多いのは辻村深月さんでしょうか。

初期の作品はそうでもないけど、
やはり直木賞受賞後は映像化されることが増えたように感じます。

『ツナグ』(出演:松坂桃李)とか、『本日は大安なり』(出演:優香)とか。

今後も増えそうな気はしますが、とりあえず今のところ万城目学さんに一歩譲るということで☆2つ。


その次は森見登美彦さん。

『四畳半神話大系』『有頂天家族』が、アニメ化されています。

他にもコミック化や舞台化はあるのですが、なんとなくマイナーな媒体が多いので
(万城目さんに比べるとですが)、☆2つということで。


最後に和田竜さんは『のぼうの城』が野村萬斎さん主演で映画化されてますので、☆1つ。



以上、上記3つの観点から☆の数が多い順に並べると、、、

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌

tag : 本屋大賞 森見登美彦 万城目学

プロフィール

コリ

Author:コリ
学生時代の専攻は歴史。
根っからのアナログ人間なのに、なぜかSIerに就職し、システム関係のお仕事をしています。
一時期、花屋に転職してIT業界を脱出しようとしたものの、結局出戻ってきてしまいました。
システム・WEB関連の気付いたことを何でもアリで書いています。最近は趣味(?)のリラックマについての記事が増えてきました…疲れてるんでしょうか??

※リンクフリーです。少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ書籍

プロになるためのWeb技術入門
Web全般の理解におすすめ。
すごい分かりやすいです。


2014-15年版 ネットショップ検定公式テキスト ネットショップ実務士レベル1対応
ネットショップ運営の一連の流れがまとめられています。


2015 情報セキュリティスペシャリスト「専門知識+午後問題」の重点対策
記述問題の解答テクニックに特化した参考書。


応用情報技術者試験 午前 平成26年度版
午前対策はひたすら過去問を
解くことだと思います。


リラックマ ここにいます
リラックマ絵本の新刊。
今回は手書き風。


リラックマ 4クママンガ 6
新作出た!!


検索フォーム
RSSリンクの表示
instagram
twitter
おすすめ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。